Great Fashion

需要が高まっているネイルスクール|人気の理由をチェック

プロとして働くために

取得のメリットや難易度

ネイルチップ

ネイル検定とは、ネイルアートの技術や知識のレベルが一定に達しているかどうかを確認するための試験です。1〜3級の3段階に分かれていて、合格すると級数に応じたネイリストの民間資格を取得できます。そして取得すると、相応の実力者として社会から認められ、ネイリストとしてサロンなどで活躍することが可能となります。無資格者でもネイリストと名乗ることはできますが、実力の裏付けとなる資格がなければ、活躍することは困難です。そのためプロのネイリストになることを希望している人の多くが、ネイル検定を受験しています。ただし先述したようにネイル検定には1〜3級までがあり、このうち3級に関しては、初心者でも2〜3ヶ月の独学で取得できるほど難易度が低めとなっています。したがって3級を取得しても、プロとしてすぐに働くことは難しいと言えます。なぜならネイルサロンのほとんどが、スタッフ募集において、2級以上の有資格者を対象としているからです。そして2級のネイル検定試験は、3級と異なり独学では簡単には合格できません。そのため取得を目指す多くの人が、ネイルスクールなどでカリキュラムに沿って約1年間学習しています。学費は30万円ほどかかりますが、資格取得後にサロンで働けば、やがては取り戻すことができます。また2級の取得後には、ネイルスクールで一層専門的な知識と技術とを多く身につけることで、1級の検定試験も受験できるようになります。約2年間の学習期間と約50万円の学費とが必要となりますが、取得すれば世界に通用する実力者として、社会から一目置かれるようになります。

検定に合格することで

ネイルアート

現在の日本におけるネイル検定には、おもにネイリスト技能検定とジェルネイル技能検定、ネイルスペシャリスト技能検定の三種類が存在しており、この中でもとくに知名度も人気も高いネイル検定が、ネイリスト技能検定です。ネイリスト技能検定については、三級から二級、一級まで存在していますが、三級は初心者向けの基礎知識の検定であり、二級はプロとして活躍できるレベル、一級はそれ以上のより上級なスペシャルかつプロフェッショナルを極めるレベルとなっています。それゆえにネイル検定の合格率も級があがるにつれて難しくなり、三級はあくまで基礎であって趣味や初心者レベルなため、ネイルサロンなどではネイリスト技能検定の二級をもっているかどうかで採用が左右されるといったケースも多い傾向にあります。よって技術面の活用としても、三級レベルでネイルアートとネイルケア、カラーリングが一般的であり、二級レベルになると三級レベルのものに加えてチップアンドラップと呼ばれる爪の修復であるリペアの技術も必要となります。このようにネイル検定は級によって求められるレベルも異なりますが、基本的にはプロのネイリストとして活躍するには二級レベルの技術と知識が求められ、二級に合格していれば技術の証明として役立つために就職や転職なども実施しやすいですし、お客様も資格保有者ならばと信頼して安心してくれます。さらに一級にも合格していれば、就職だけでなく独立といった面でもメリットとなるため、ネイリストを目指す場合は資格を取得しておくことをお勧めします。

レベルに合わせて

爪

プロのネイリストになるためには、これといった資格が必ずしも必要というルールがあるわけではありません。しかし、やはり専門的な技術が求められる現場となっています。なので、実力の証明となるネイル検定の資格を取得しておけば、損をすることはありません。そんなネイル検定ですが、基本的に三級から一級までのレベルがあります。最初は誰でも三級から受ける決まりになっており、三級が受かれば二級受験資格が取得できます。そして、二級に受かれば、一級受験資格を取得できます。つまりいきなり二級や一級を受験することは不可能であり、ネイル検定では飛び級制度はありません。そしてレベルによって難易度も当然ながら違ってきます。三級についてはネイルに関する基礎的な技術や知識を審査する形式となっており、プロというよりも趣味レベルで難易度も比較的低い傾向にあります。しかし二級になるとプロのレベルに入るため、難易度もそれなりに高くなりますし、一級はプロの中でもスペシャルと呼べるレベルであるために、合格は狭き門となっています。ちなみにプロのネイリストを目指す場合、やはりサロンなどでも二級レベルが求められてしまいます。そのため、二級をクリアしておけば、サロンへの就職や転職などにも有利に働く傾向があります。またネイル検定試験の回数についても、三級と二級ならば年に二回ほど実施されています。しかし、一級だけは一年に一度のみの開催となっており、受験申込期間はレベルに関係なく一か月間となっているため、短いのでうっかりしていると見過ごしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

プロとして働くために

ネイルチップ

ネイル検定試験には1〜3級まであり、合格するとネイリストとしての活躍が可能となります。ただしサロンでは多くの場合、2級以上の有資格者が募集されています。2級を取得するためには、ネイルスクールなどで約1年間学習することが必要です。合格後はさらに学習することで、1級の検定試験を受験できるようになります。

もっと読む

独立の可否として

ネイルアート

名古屋のネイルスクールでは、その人の目的に合ったコースが用意されています。ネイルが趣味の人は、自宅でサロンを開業したいと考えている人もいるでしょう。そんな人に向けたコースもあります。名古屋のネイルスクールで夢を実現させるために必要な知識や技術を身に付けましょう。

もっと読む

信頼される技術を学ぶ

ネイル

ネイル検定は、ネイルに関する知識や技術を持っていることを証明できるものです。ネイリストになるために、資格取得は必須ではありませんが、ネイルアートだけでなく、爪の構造や衛生面など幅広い知識を持っていることを証明でき、お客様への信頼、安心感を与えることができるのです。

もっと読む